ホテルにはどうな種類がある?

スーパーホテルPremier秋葉原 ホテル

旅行先での宿泊先を考えるとき、真っ先に思い浮かぶのがホテルです。シティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテルなど、さまざまなタイプがあり、それぞれどのようなホテルなのか、意外に知らない人も多いのではないでしょうか。

その他、シングルルームやダブルルームなど、ホテルのクラスや部屋のタイプも、旅行初心者には少しわかりにくいかもしれません。

今回は、日本のホテルに焦点を当て、その種類やグレードを解説していきましょう。

まず、ホテルの定義とは何でしょうか?

また、宿泊施設として「ホテル」を名乗るには、何らかのルールがあるのでしょうか?ホテルの定義について説明する前に、「旅館業法」について見ていきましょう。

ホテル業法は、「ホテル・旅館業」「簡易宿所」「寄宿舎・宿泊業」の種類がある宿泊業で営業許可を得るための指導法です。ホテルは「ホテル/ホスピタリティ」としての営業許可を得ており、通常は洋式の宿泊施設である。

以前は「ホテル業」と「旅館業」に分かれていましたが、法改正に伴い、統合されました。

法改正前は、洋室10室以上のホテルと和室5室以上の旅館で、客室の広さについても異なる規約がありましたが、合併により定義の違いがなくなりました。

しかし、改正前にすでに営業許可を得ていた施設も多いことから、今後も新規に開業する宿泊施設は、この先例に従って、洋式ホテルであればホテル、和式ホテルであれば旅館という施設名をつけることが予想されます。

なお、旅館の宿泊プランは1泊2食付きが多く、ホテルは朝食付き1泊か食事なしの1泊が基本となっています。

シティホテルとビジネスホテルはどう違うのですか?

シティホテルとビジネスホテルがあります。この2つに違いはあるのでしょうか?

シティホテルは、家族連れ、カップル、一人旅、出張など、さまざまなニーズに対応したホテルです。通常、都市部に位置し、価格帯は格安から高級まで幅広く、ホテル内にはさまざまなダイニングオプションやジム、スパなどの施設があります。大規模なホテルでは、シングルルーム、ダブルルーム、ファミリールームなど、さまざまなタイプの客室が用意されています。スイートルームやラウンジがあるホテルもあります。

ビジネスホテルは、その名の通り、もともと出張中のビジネスマンのための施設として設計されたものです。そのため、客室はシングルルームが中心で、コンパクトなものが多い。駅に近いホテルが多く、料金も比較的安価です。また、仕事しやすいデスクやズボンプレッサー、共用のコピー機など、ビジネスパーソンに必要なものを備えているホテルもあります。

しかし最近では、シングルルーム以外の部屋タイプや共同バスルームの広さ、無料朝食や女性向けプログラムなどのサービスが充実していることから、家族連れや女性旅行者に人気のあるホテルもあります。

もうひとつは、リゾートホテルと呼ばれるタイプのホテルです。これは沖縄などのリゾート地に多く、広いホテルにレストランやバー、プール、カラオケラウンジなどがあり、ホテル内にいるだけで楽しめるのが特徴です。また、体験型のアクティビティやイベントを開催しているホテルもあります。

価格は比較的高めですが、リゾート気分を味わいたい方におすすめです。

デラックス、スタンダード、それとも5つ星?

旅行パンフレットなどで、ホテルをランク分けする際によく目にするのが「デラックス」「スタンダード」という言葉です。

旅行会社や予約サイトによって名称やランク付けの基準は異なりますが、通常はデラックス=最上級、スタンダード=標準といったイメージしやすい名称で分類され、ホテルの豪華さや快適さなどの指標となります。

5つ星ホテルなどの「星」は、「ホテルの格付け」です。特に世界的な基準はなく、各国の認定機関によって決定されます。有名なのは、アメリカの「フォーブス・トラベルガイド」やフランスの「ミシュランガイド」などの雑誌による格付けです。

ホテルの部屋の種類やクラスはどうなっていますか?

ホテルの部屋の種類も少し複雑です。シングルルームは1人部屋、トリプルルームは3人部屋というのは想像しやすいですが、ダブルルームとツインルームの違いは少しわかりにくいです。どちらも二人部屋ですが、ツインルームはベッドが2つ、ダブルルームはベッドが1つで2人で一緒に使うという違いがあります。ホテルによっては、4人用のファミリールームもありますよ。

基本的には洋室ですが、ホテルによっては和室や、和洋折衷の和洋室もあります。

同じホテル内でも、客室のクラスが異なる場合があります。クラブルームやスイートルームは最高級クラスと呼ばれることが多く、高層階に位置する部屋は眺めがよく、広々とした部屋、大きなベッド、専用のバトラーサービスやルームサービスなどがあります。

ホテルによっては、クラブフロアに宿泊するゲスト専用のラウンジがあり、快適にチェックインできたり、ドリンクやスナックを楽しんだり、ラウンジにいるような特別感を味わうことができます。

ただし、その分お部屋の値段もかなり高めです 特別な日に泊まりたいお部屋です。

その他のタイプのホテル

ホテルにはさまざまな種類があります。

日本発祥のカプセルホテルは、以前は終電を逃したビジネスマンが泊まる場所というイメージでしたが、最近はスタイリッシュで清潔な施設がオープンしています。 カプセル内に宿泊者用のテレビがあり、リモコンで空調や照明を調整できたり、ふかふかのベッドで快適に眠れたりと、機能を充実させているところも。女性専用のカプセルホテルも登場しています。

ユニークなコンセプトを持つホテルが増えています。快適な睡眠に特化したホテル、ロボットが接客するホテル、寝台列車をイメージしたホテルなど、さまざまな宿泊施設があるのが嬉しいですね 滞在だけでなく、そこで過ごす時間もきっと豊かにしてくれるはずです。

建築やアートが好きな人にとって、デザイナーズホテルはとても魅力的な選択肢です。有名な建築家がデザインしたホテルは、日本のいたるところで見かけることができますし、今では各部屋が異なるデザイナーやアーティストによってデザインされているのです 滞在中、ホテル内をゆっくり見て回るだけで、いつの間にかチェックアウトの時間が来ています。

ホテルのタイプやクラスなどを調べて、スムーズに予約しよう

ホテルの予約は、ホテルに直接電話するほか、公式サイトからオンラインで行うこともできます。また、旅行会社のショップや旅行予約サイト、ホテル専門の予約サイトでも予約することができます。

旅行パンフレットや予約サイトのホテル一覧ページでは、「シティホテル」と「ビジネスホテル」の区別はほとんどありませんが、ご紹介した特徴を知っておくと、どちらのタイプか見当がつくと思います。覚えておくと便利ですよー。

おすすめホテル

今日お勧めするホテルは、スーパーホテルPremier秋葉原です。

柳森神社から徒歩数分の東京都心部に位置するスーパーホテルPremier秋葉原は、エアコン付きの客室と無料WiFiを提供しています。2019年に建てられたこの3つ星ホテルは旧万世橋駅から徒歩6分で、富士ソフト秋葉原スクエアも600m圏内にあります。このアレルギー対応の宿泊施設は、秋葉原公園から徒歩 2 分圏内にあります。

スーパーホテルPremier秋葉原の客室には、デスク、テレビ、専用バスルーム、ベッドリネン、タオルが備わります。

ビュッフェ式またはコンチネンタル、アメリカンブレックファーストを毎日楽しむことができます。

この3つ星宿泊施設では、スパバスを利用できます。

スーパーホテルPremier秋葉原周辺の人気スポットには、小布稲荷神社、秋葉原コンベンションホール、草苅園神社があります。最寄りの空港は羽田空港で、スーパーホテル秋葉原から20kmです。

カップルに人気の場所です 関連クチコミ評価:9.0

提供されている朝食の種類は以下の通りです:

  • コンチネンタル
  • ベジタリアン
  • アメリカンブレックファースト
  • ビュッフェ

スーパーホテルPremier秋葉原にあるお部屋のタイプは以下の通りです:

  • シングル
  • ダブル
  • 4人部屋
  • ツイン
  • ツイン / ダブル

スーパーホテルPremier秋葉原では、チェックインは15:00からで、チェックアウトは10:00までとなっています。

一般的に、スーパーホテルPremier秋葉原は、スパサービスが充実しており、衛生管理も均一で、安全性が高く、景観も良い。
温泉は一日の疲れを癒すことができ、旅先での良い選択となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました