風俗店を訪れる際に知っておくべきこと

風俗店

風俗店の分類の説明

ナイトクラブ、ガールズバー、高級クラブ、メイド喫茶、泡風呂マッサージ店など様々な形でカスタムショップが登場。

エステ

つまり、一般的にマッサージ、スパ、マッサージを装った小規模なヘルスケア店は、法律の枠を超えて遊んでいます。 部屋には一般的にシンプルなシャワールームと小さなベッドがあり、サービスの開始時にゲストをマッサージする必要があり、残りはあなたの想像力次第です。

ピンクサロン

例えば、ガールズバーやナイトクラブ、カスタムショップなど、個室がなく一般に公開されているものは、ブースが分かれているだけで、一緒に飲みに行ったり、おしゃべりをしたり、体の触れ合いの度合いが違う女の子がいます。性的行為は許可されていません。

ソープランド

日本の風俗店業界は、実際に本番サービスを禁止しています。 数ある風俗店業界の中で、本番サービスを提供しているのはソープランドだけです。 そのため、ソープランドは風俗の王様と呼ばれています。

風俗店のタブー

誰もが風俗店の門をくぐれるわけではない裏社会に支えられたカスタム業界には、次のような多くのルールがあります。

・18歳未満
・この本番を無理やり欲しがる
・麻薬などの特殊な薬物を服用している
・乱暴で軽蔑的な言動
・写真撮影、スナップ撮影
・道具の持ち込み
・酔っ払い
・女性の立ち入りを禁止している風俗店が多い

暗号化された言語を理解する

  • 本番

それは、法律で明確に禁止されているセックスをすることです。

  • NK流

プライベートで本番をすることとも言われます。例えば、ガールズバーやメイド喫茶の女の子たちを連れて、自分の家の中を散歩すること。

  • 素股

少女が自分の陰部や手を使って、男性客の陰部を強く包み込み、客が「本番」をしているように感じる限界行為である。

  • NS

つまり、コンドームなしで。 競争が激しいので、お客さんを取るために「NS」する女の子も出てきます。

  • 客引き

勧誘とも呼ばれ、日本の慣習法では、店員による勧誘は店の前の狭い範囲に限られ、それ以外は違法とされている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました